住民票を移動する方法

↓↓安く引越ししたいならココ↓↓

 日本では、住所が変わったら市区町村に書類を提出して、「住んでる場所が変わったよ」という申請をしなければいけません。 この手続きをすることで住民票が移動して、公的にもその人が住んでいる場所も移るという訳です。

 引越した場所が同一の市区町村なら転居届をする必要があり、 別の市区町村に移るなら、これまで住んでいた市区町村に転出届を、新たに移るところに転入届をする必要があります。

 これらの手続きは、引っ越した日から遅くとも14日後までの期間にはしないといけないことになっています。(一応、規則では…ですが)

手続きに必要な書類

 住民票の移動の必要書類や証明書は以下の通り。

・運転免許証や健康保険証、パスポートなどの本人確認書類
・印鑑(実印でなくても可)
・住居の権利書や賃貸の契約書(無しでも良い自治体アリ)
・転出証明書(別の市区町村に移る時のみ、前の自治体で発行)


 なお、本人が窓口に提出できず代理人に頼む場合には、委任状を書く必要があります。

転居届と転出・転入届

 住民票を移動させるには、上に記載した必要書類などを持って役所に行って 「住民移動届」という書類を提出することで行われます。

 これは転居届と転出・転入届の場合でも共通の書類ですが、 転出・転入届では、前の自治体で発行してもらった転出証明書を 新しく住む自治体に添えて提出する必要があるので注意が必要です。

 住民票の移動はしっかりやっておかないと、パスポートや運転免許の更新時に 面倒なデメリットが発生します。面倒くさがらずに手続きしましょうね。

↓↓最安の引越し業者が見つかるよ↓↓